「煌」東京公演終了!

  • 2006.12.15 Friday
  • 12:00
東京公演タイトル「煌」、揚琴リサイタルの東京公演が、無事に終了しました。銀座の王子ホールでしたが、揚琴の生の音色を存分に弾き出してくれる、素晴らしいホールでした。12月の忘年会シーズンとも重なり、かなり多忙なスケジュールの中、ほんとにたくさんの方にお越し頂きました。ピアノの青木さんともかなり充実した曲の仕上がりでしたので、このプログラムで場所を変えて演奏してみたいなっと思っています。リサイタルと仰々しくタイトルをつけましたが、会場から手拍子が自然にでてきたり、アンコールでは歌声がでてきたりと、楽しい雰囲気になりました。広げよう「揚琴の輪!」来年もよろしくお願いします。

楽器体験会のご報告!

  • 2006.12.10 Sunday
  • 12:00
参加者集合先日、揚琴の体験教室をしてきました。聴講のみの方をいれて11名の参加。未来の揚琴奏者になるかも??の方々です。始めは、恐る恐る揚琴に触れていましたが、丈夫な楽器だと判ってくると、以外と皆さん大胆に叩きっぷりをみせてくれました。たくましい皆さんの試みに嬉しくて、僕はずっとニコニコしっぱなしでした。バチの持ち方叩き方から始めて、音階をさわったらすぐに「きらきら星」を演奏。すごいことに皆さん弾けてしまい、、「お!これはいける。」と思い、「シューベルトの子守唄」にチャレンジ!これも弾けてしまった=揚琴って初心者でも簡単だったのかも??大発見!!最後は、僕が伴奏をして大合奏で終了しました。写真みてもわかるでしょ?皆さんの充実したお顔が。

ヤマハ銀座イベントライブ!

  • 2006.12.02 Saturday
  • 12:00
ヤマハ銀座ライブコンサートと揚琴を紹介するために、ヤマハ銀座店のイベントスペースでトークライブをしてきました。土曜日の銀座は歩行者天国で、通りがかりの人たちがブラッとお店に入ったら、、、、。心強く、たくさんの観客の皆さんに集まっていただき、ありがとうございました。僕もノリノリで陽気に揚琴をガンガン弾いてしまいました。少しでも多くの人に「揚琴」を知ってもらいたい!短い時間でしたが、盛り上げてくれた皆さん!謝々!!

深町純ピアノライブに参戦!

  • 2006.11.26 Sunday
  • 12:00
深町ライブ2ピアノ、シンセサイザー、作曲、、、とにかく深町純さんはすごい人です。毎月必ず開かれるピアノ即興ライブ(恵比寿)に、時間を見つけては僕もお邪魔しているのですが、昨日はそのライブ(深町さんは、ピアノパーティと呼ばれています)にゲストで揚琴もって行ってきました=。2曲は楽譜のあるもの、最後の1曲はライブのテーマらしく即興演奏したのですが、最初に弾いた1小節のフレーズから、どんどん発展していきシャッフルしたり、静かな旋律が生まれたり、、。久しぶりに演奏に興奮して来ました。あ〜〜この瞬間にたくさんの人が耳にしてくれていたら、良かったな〜。そう思った一夜でした。

楽器体験会やります!

  • 2006.11.12 Sunday
  • 12:00
今週は、名古屋(11/17)でリサイタルを開催します。東洋と西洋の名曲のきらめき<煌>をテーマに引っさげて、今はリハーサル真っ最中です。ジャズピアニストの青木さんにお願いして、聴きやすい揚琴の音色を前面に押し出して構成しました。後援会の「ゆえ(楽)の会」に支えられての、今回のステージです。名古屋拠点から東京に移転した僕を、名古屋でも今まで通りに演奏を!と気持ちよく協力してくれました。楽しく構成を考えて作られたステージです。もちろん!感謝の気持ちはいつまでもいつまでも忘れずに、、、。是非、晩秋の夜、、会場にお越しいただければ最高です。ホワイエに揚琴を展示するのですが、それとともに、12/10(日)14〜16時にヤマハ名古屋店で体験会を開く事になlました。僕に先生ができるのか、、、前向きに挑戦です!

東海ラジオに出演!

  • 2006.09.15 Friday
  • 12:00
東海ラジオ9月3日放送「サンデー・イン・ザ・パーク」にお邪魔してきました。言葉だけで、揚琴を紹介するってほんとに難しいな〜と思いました。パーソナリティの上田さん、青山さんの巧みな会話の誘導がなかったら、、、です。自分的には結構落ち着いていたと思うんですが。僕が、ラジオ局について、打ち合わせからすぐにスタジオに入り、終了と共に去って行き〜、そんな僕を見てスタッフの方から「まるでラジオゲリラのようですね〜」感想をいただきました。おっ、かっこいい?(笑)。どうもすみません。

NEWコラボの成果?!

  • 2006.09.15 Friday
  • 12:00
魂響NEWバランスセッション「魂響」は無事終了しました。5年振りの集まりで、久しぶりのステージ。尺八と揚琴とピアノのトリオで構成、ご自慢?のトークも入れながら楽しくステージを進めました。5年前にも聴きにみえていたお客さんからは「せめて2年振りぐらいで、企画して下さいよ」のお言葉を。5年が長いのか短いのか?しかし、このトリオにとっては、飲み会で時間を埋めて来たので、思ったより長くは感じませんでした〜。でも、自分たちの音楽を成長させるためには、ステージはよい勉強になります。支えてくれた皆さんに感謝します。

教本キャラクターご紹介!

  • 2006.08.04 Friday
  • 12:00
キャラクター先生暑中お見舞い申し上げます。揚琴泣かせの梅雨が終わり、暑い夏が始まりました=。今日は教本に出てきてみなさんを指導する、僕の分身の金先生(イラスト)を紹介します。どことなく僕に似ている、、、、。友人に好意で書いてもらいました。教本の各所重要なポイントで現れます。ご期待下さい。

教本制作情報!

  • 2006.07.03 Monday
  • 12:00
教則本サッカーからパワーをもらおうと思っていましたが、あっさりと日本が姿を消し、、、、悲しい。ということも言っておれず、せっせと毎日、アルバム制作に励むばかりです。ここ最近嬉しいのは、密かに日本にみえる揚琴愛好の方が「独学で弾いています」「揚琴を広めたいです」「弦はどこで買う?」「弾き方は?」などなど、問い合わせてくれることです。日本人のための揚琴教則本が、少数であっても愛好者の皆さんには絶対に必要なんだと、力が入ります。もちろん中国にはたくさん揚琴のための教本はでていますが、それはある意味スパルタ教育用の楽譜ばっかりであったり、写真がのっているだけで説明する言葉が少ないものばかりです。教える先生がいて成り立つ教本なんですね〜。日本のように教室を開講すること事態が難しい揚琴は、結局独学の世界になってしまいます。今、取りかかっている揚琴の教則本作りは、独りでも楽しく揚琴を弾けるようにするための内容にしています。年内に完成させますので、どうか僕のまだ知らない揚琴愛好者の皆さん待っていて下さい、、ちらっと原稿お見せします。

制作缶詰状態!

  • 2006.06.06 Tuesday
  • 12:00
制作中そういえば、三月のコラムで制作物1つ1つ完成したらご報告、、、がまだ出来ないです。でももうすぐサッカーワールドカップが始まってしまうから、大好物のサッカー観戦「一試合みるなら、一曲仕上げよう!」をテーマに頑張りたいです。一応途中報告しました。

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM