いろいろあった〜秋夕〜ステージ!

  • 2014.10.10 Friday
  • 23:35
10月9日:三重県桑名市「六華苑」に行って来た。

六華苑(ろっかえん)は、桑名の実業家二代目諸戸清六の旧邸宅。
昨年創建100年を迎え今年は101年目!国の重要文化財に指定された。

洋館は、夏に外装修理が終わり建設当初の雰囲気が素晴らしい!

10.9六華苑5
<洋館の正面玄関>

この正面玄関を入るとホールがある。
野外ステージでの演奏だったのですが、
小雨が降ったり止んだりを繰り返していた為、リハーサルはホールで急遽行った。

10.9六華苑6
<ホールでのリハーサル>

湿度が高く…調律してもピッチがどんどん上がって行く!!!!!
どうしたらいいんだっ!

セッションでジョイントして頂いた、宮永洋子箏曲・三絃教室の皆さんも
ま〜だかな?と僕の調弦待ち!

弦は少ない方がいい…うんうん。

しかし、雨は止まず……午後三時、会場を室内に移すことを決定!

10.9六華苑3
<音響ミキサーは軒下に設営。日本家屋の軒の活用方法に感心>

和館の大広間(一の間)での演奏となった。
ふすまを取り外し、200名入ることができる空間が、出来る!

日本家屋の軒(のき)、襖(ふすま)で仕切る有効空間。
ほんとに素晴らしい。


「荒城の月」だけ、音響マイクの音量を消して生音で演奏した。
その時は、雨の音が揚琴の音と混ざり合い、弾いている自分がその余韻に溶け込んだ感じがした。

そして!「第三の男」では、真逆の空気が!

地元のダンスキッズの子供が、僕のCDに収録されている「第三の男」でダンスを踊っているので
共演がしたいと、申し出があった。
これもまた経験すべし、と思ったので快くお受けした。

小学校四年生の女の子二人。
彼女達の一生懸命に踊る姿…「第三の男」も弾いていていつもと違う気分だ!

10.9六華苑110.9六華苑2
<そのちゃん、るなちゃん謝々!!。年の差共演〜おじさんは嬉しかったよ(笑)>

この若い共演者に拍手!
笑顔いっぱいに踊るサプライズダンスに、聴衆全員がめちゃめちゃの笑顔だった。

音楽やっていてよかった、、そう思う瞬間でもあった。

スタッフのみなさん!お疲れさまでした。
                   謝々!!  キンアグン

<金亜軍オフィシャルサイト>
 
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック