野沢龍雲寺で「いのちの絵本」朗読会

  • 2016.10.10 Monday
  • 15:30

10月9日…世田谷区野沢にある「龍雲寺」さんの本堂で、

「いのちの絵本」朗読会に参加してきた。

 

お寺…まさしく、生と死を受け止め、自分を見つめ直す所。

 

シンっと音が無くなる時は、ステージホールのものとは全く違う空気を感じる。

 

龍雲寺1

 

村上信夫さんの朗読の声と、揚琴の音が会話をしているように僕は感じたかった。

絵本朗読のBGMになってはいけないし、効果音になってもいけない。

 

だから、あえて楽譜を書くことをやめました…

 

村上さんに事前に朗読する本を借り、文面だけを書き出した。

(人が見たら長い楽譜だな〜て思うよね、笑)

あとは、村上さんの声の波動を受け止めながら、感じるまま即興的に入れた。

 

二度と同じ演奏はできない…

 

「森のいのち」

「希望の牧場」

「トミジの海」

 

そして、村上さん作詞、僕が作曲した「あの日、あの時。」

ソプラノ歌手の天羽明恵さんが、スペシャルゲストで歌ってくれた。

 

龍雲寺2

 

揚琴だけで伴奏したのは、初めてのことだ。

 

ここだけの話し…

天羽さんも僕もソリストだから

お互いに「ここをこ〜〜〜〜〜して、こ〜〜〜〜〜〜いくよ〜〜」と演奏しながら綱引きのように主張する。

主張し続けるか…相手に譲るか合わせるか…終ってみたら自分のこの曲が一番大変だった。笑

 

もっと二人で作り上げたいと思った。

天羽さ〜ん、謝々!!  ハグハグ===

 

龍雲寺3

 

会場に、「トミジの海」の絵をかかれた本多豊國氏が、数枚の原画を持ってきてくれました。

 

絵の中のメッセージ。

山の絵のなかに、魚や動物の顔が、よ〜く見ると描かれています。

終演後にこの絵を見ると、また違った気持ちで見ることができた。

 

龍雲寺5

 

村上信夫さん、本多豊國さん、天羽明恵さん、僕。 ↓

龍雲寺7

 

そして、会場として本堂を使わせていただいた、野沢「龍雲寺」の細川ご住職と一枚。

 

龍雲寺4

 

細川ご住職と村上さんの「いのち談義」もあり、充実した会でした。

 

主催された「三月のひまわり」さんの活動を知って、応援してくれた皆さんに

心から感謝致します。

スタッフの皆さんも、ありがとう〜〜謝々!!

                    キンアグン

 

<金亜軍オフィシャルサイト>
 

JUGEMテーマ:音楽

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM