北海道・帯広ばん馬交流!

  • 2016.12.06 Tuesday
  • 15:34

12月3日、某会社の創立30周年記念式典でのライブコンサートに出演するために

北海道帯広まで行ってきた。

 

空港を降りてすぐに、北海道らしい風景に出会う。

 

帯広1

 

この辺りは、ジャガイモのメークイン!

すでに収穫された農地だが、見える茶色の土がだけでも美味しい農産物が想像できる。

 

今年は台風の年で、十勝地方でも川の氾濫や土砂崩れの被害にあったそうです。

帯広は「パークゴルフ」の発祥地で、愛好家たちがアジア中から大会参加のために訪れる聖地。

河川敷は芝生が整備されパークゴルフ場が点在していたが台風被害で、復旧の予算が取れず現状のままとなる。

 

十勝川も流木がそのまま残されていた。

 

帯広2

<橋の奥の山々は、日高山脈>

 

ここまできて、すぐに帰るのはもったいない気がしたので一箇所だけ

「ばんえい競馬」を見に行くことにした。

 

明治の時代から十勝地方の開拓が始まり、農地開拓のために頑張ったのが馬たちだ。

親しみを込めて「ばん馬」と呼ばれている。

厳しい農民たちの暮らしに欠かせない農耕馬の存在、ばん馬の力試しの祭りが原点になって

現在の競争する形になった。

 

と、いう知識を併設されている資料館でゲッツ!

 

農耕馬の競走する競馬‥世界でここだけだ!

 

帯広3

 

走る姿を見たかったが、この日はナイターレース!(泣)

フライト時間は14:30、レースは14:15発走。絶対に間に合わない。

 

帯広10

<この手書きインフォメーションがいいなぁ>

 

帯広7

<馬券を買う振りは一応してみた(笑)>

 

帯広6

<全長200mのコース、途中に坂の障害が二箇所ある>

 

誰もいない観客席で、自由に記念撮影だ!

 

帯広5

帯広11

<難度高:この写真の中にいるキンを探せ〜!>

 

 

最近まで、ばんえい競馬場は赤字競馬場だったそうだ。

ところが2013年にアニメ「銀の匙(サジ)」で、ばんえい競馬が登場したことで

集客が増えて継続することができている。

実写版映画にもなり、ばん馬「キング号」として出演したのが若手ホープのカツラアスリート号!

 

会えた!

 

まだ6歳の彼は、役名「キング号」に改名してばんえい競馬のPR馬として活躍している。

 

帯広8

<奥の茶色の馬が、キング号!でかい!>

 

とにかくでかい!

 

 

サラブレットの2倍の大きさで、体重1トン超え〜〜。

足も太く、胸幅も広い、、圧倒されるデカさだ!

 

帯広9

 

女子いわく「大きくて力持ち!性格は優しくて穏やか!でもって働き者♡」

か〜なりモテモテらしい。

 

1トンの体重と同じ、1トンの鉄ソリを引いて競走する。

レースは観戦できなかったが、いつか歴史を感じながらばん馬達の圧倒的な姿を見たい!

 

と、

場内にある「十勝輓馬神社」に手を合わせてきた!

 

帯広4

 

 

さて、飛行機乗るぞぉ〜〜

 

 

帯広12

 

台車持参のフル装備!と言っても、いつもの通常の移動セット!

無事に帰宅しました!謝々!!

                  キンアグン

 

 

<金亜軍オフィシャルサイト>

 

JUGEMテーマ:音楽

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM