ニューアルバム発売記念コンサート終了!

  • 2018.12.14 Friday
  • 10:04

ずっ〜と、大騒ぎして(笑)告知していた

 

ニューアルバム「G線上のアリア」の発売記念コンサート!!

 

たくさんの皆さんにご来場いただき、

名古屋公演&東京公演ともに、無事に終了しました=謝々!!

 

↓CD「G線上のアリア」↓

 

G線1

 

G線5

 

オリジナル曲も入れた。

けど、選曲は馴染みのある曲にして、揚琴を分かち合いみんなで楽しみたいと思った。

 

G線4

 

7年ぶりの制作。

自分にしてみれば、作りたい!やってみたい!

と思うことに必要な自然の7年間だったと思う。

 

曲作り、音作り、編集、ミックスダウン、、

 

手探りの中でやりつつ、

それが面白くて時間を忘れて揚琴の前に座っている、、それが楽しい!

 

「これからは 揚琴をどう表現していくか、、」

 

この考えは原点です。

ずーと、この先もいつの時も、この原点に触れ、演奏や制作するたびに考えるきっかけになる。

自分に喝を入れる!

そんな意味でもある、大切な言葉をジャケットの中に入れた。

 

G線2

 

〜10月10日<名古屋公演>〜

名古屋伏見・電気文化会館ザ・コンサートホール

 

名古屋1

 

リニューアル工事を済ませたばかりのホール。

実は、1998年に初めてコンサートをしたのもこのホール。

もう、20年のお付き合い。

 

揚琴の音が丸くなる、そんな響きがする大好きなホールです。

 

第一部は、ニューアルバムからの曲をライブバージョンでお届け!

 

共演してくれたのは、

アルバム制作の中で、たくさんの力を貸してくれたピアノの青木弘武さん。

同じように、ベースを担当してくれたOtomaniaさん。

 

名古屋2

<青木弘武さん、僕、Otomaniaさん>

 

東海テレビのアナウンサー庄野俊哉さんも駆けつけてくれて、

彼が得意とする「音読」(中日新聞くらしの作文を読む)を、コラボした。

 

誰が頼むでもなく影アナをしてくれて、

自分の事のようにステージを進行してくれるのには、本当にいつも頼れる存在だ。

 

名古屋3

<「音読」をする庄野俊哉さん>

 

名古屋と東京の共通で、ゲストとしてお迎えしたのが

ことのは語りとして活動されている木村悠方子さん!

 

名古屋4

<朗読コラボする、木村悠方子さん>

 

「木村ボイス」と「揚琴」が合わさると心地良い!!というのを発見!

 

木村さんの最初の朗読アルバム「かあさん」の時に音楽を僕が担当。

それがご縁で、

今年発売した、朗読CDの第二弾「結言」。そこでも音楽を担当。

 

今回録音した、僕のアルバムの中の1曲「君がいるから」は、

「かあさん」のために書き下ろした曲。CDの中でも一節朗読を読んでもらった。

 

心に効く「木村ボイス」と「揚琴」!またいつかどこかで、、

 

 

〜12月6日<東京公演>〜

けやきホール(古賀政男音楽記念館内)

 

自称晴れ男!なのに、この日は雨!(終演後は止んだけど)

このホールでのメインコンサートは初めてだった。

 

以前、ゲスト出演した時に、響きの素晴らしさ自分の音の聴きやすさに感動し

いつか、、、そんな思いが叶った日だった。

 

メンバーは、名古屋と同じ!

Otomaniaさんは、大阪から車で移動し前日入り。

万全の体制で、望んだ!

 

ピアノはベーゼンドルファー。

ホールに合った音色に、青木さんもすっかりお気に入りの様子だった。

 

東京1

<青木弘武さん、僕、Otommaniaさん>

 

この日、忙しい中、友情出演以上の愛情出演してくれた

このば磨き塾主宰の村上信夫さん!

 

本番の10日前に

「読みたい本があるから、金ちゃん一緒にやって。」と連絡が入った。

「どんな本?」と尋ねたら、後日アマゾンから一冊届いた。

 

おーなり由子:「ことばのかたち」

 

読み終えてから、ふっと18年前に「楽季」というステージのテーマ曲を作った

その時のイメージが浮かんできた。

そうだ!

せっかく最高のメンバーで演奏できるのなら、、、やりたい!

 

早速、楽譜を引っ張り出してきて、再アレンジを始めた!

村上さんに「アドリブでいいよ。金ちゃんの揚琴だけでいいよ」と、言われたけど

「いける!」と確信があったので、頑固に譲らなかった。

 

きっと、村上さんもタジタジだったかも(笑)

 

でもさすが!村上さん。

ゲネプロだけで、バッチリ合わせてくれた。謝々!!

 

東京5

<村上信夫さんと朗読コラボ>

 

そして、木村悠方子さん登場!

「言葉」のプロが世界観を作り出す。言葉の美しさに涙する方もいた。

 

東京2

<木村悠方子さんと朗読コラボ>

 

東京6

 

名古屋でも、東京でも

アンケートをたくさん書いてくれて、心から謝々!!

 

聴衆の皆さんが、どんな曲にどう揚琴を重ねて聴いているのか知りたくてしょうがないです。

どんな曲を聴いてみたいですか?

どんな曲が好きでしたか?

 

答えはすべて、僕の音楽の肥やしになります!

これからも、書いてください。よろしくお願いします。

 

さぁって、2020年は来日30周年!

東京オリンピックイヤーとぴったり!

やばいよやばいよ〜〜盛り上がるしかないね!

                   キンアグン

 

 

<金亜軍オフィシャルサイト>

 

JUGEMテーマ:揚琴

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック