8月29日:異色の楽器による贅沢ガラコンサートin清瀬市

  • 2017.08.02 Wednesday
  • 17:37

きよせ音楽のまち イベントに参加します!

 

昨年のホール企画で「地域の皆さんに、気軽により身近に音楽を楽しんでもらう!」

第三弾で、揚琴にスポットを当ててもらったご縁から繋がったコンサート!

 

 

ミニコンサートから飛び出し、

 「異色の楽器による贅沢柄コンサート」を清瀬けやきホールで開催。

 

若きプレーヤーと音楽を分かち合います!

サクソフォンの小山弦太郎さん、ヴァイオリンの椿太陽さん。

 

さらに、

オープニング演奏で、清瀬リコーダーアンサンブル「ルシェッロ」の皆さんが出演。

 

 

※ご予約・問い合わせ:清瀬けやきホール 042-493-4011

※清瀬けやきホールアクセス:西武池袋線 池袋駅から準急24分 清瀬北口から徒歩4分

 

8/29清瀬ホールチラシ

 

【と き】8月29日(火) 14:00開演(13:30開場)

 

【ところ】清瀬けやきホール ※西武池袋線 清瀬駅北口徒歩4分

 

【入場料】大人2,500円、シルバー(65歳以上)2,000円、中・高校生500円

 

【チケット取扱、予約、問合せ】清瀬けやきホール 窓口または 042-493-4011

 

 

 

<金亜軍オフィシャルサイトへ>

 

 

10/26・11/ 1「トリオYKK」十三夜コンサート開催!

  • 2017.08.01 Tuesday
  • 17:06

待ってました!!!

トリオYKK「十三夜コンサート」のお知らせです。

 

やぎりん(アンデスのケーナ)&

  金亜軍(シルクロードの揚琴)&

     清永充美(ラテンのギター)

 

 

今年スタートさせた、

異文化管絃楽ユニット「トリオYKK」いよいよコンサート開催!

 

 

ゲストにソプラノの大前恵子さんをお迎えして、多彩なプログラムでお送りします!

 

お近くの会場へ、ぜひ遊びに来て下さい!

 

 

YKK700

 

 

 

【会場1】10月26日(木) 千葉市美浜文化ホール 音楽ホール

     開演14:00〜   一般3,800円/学生1,000円(全席指定)

  

 

【会場2】11月 1日(水) 東京オペラシティ3階 近江楽堂

     開演14:00〜   一般4,000円/学生1,000円(全自由席)

 

 

【主催・お問合せ申込み】地球音楽工房 yagirin88@gmai.com

 

 

 

 ⭐️ゴールド音スタジオへ、直接申込みもできます⭐️

 info@youkin.com(お名前、ご希望の日時、枚数、チケット送付先をお知らせ下さい)

 

 

<金亜軍オフィシャルサイトへ>

 

 

JUGEMテーマ:音楽揚琴

 

トリオYKK始動開始!

  • 2017.07.01 Saturday
  • 14:43

6月30日<トリオYKK>が結成!

 

<トリオYKK>です!

会場からうす〜〜〜い、笑いが起こる。

 

Y(八木倫明)、K(金亜軍)、K(清永充美)=YKK。

某ファスナーのように、しゅ〜と団結する(笑)

「アンデスのケーナ、中国の揚琴、ギターによる異文化管絃楽」というのがサブネーム。

 

 

これまで知っている曲も、

YKKがしゅ〜と団結すると異文化スパイスが効いて、いい感じになる。

 

記念すべき、トリオのファーストステージだ!

さいたま市文化振興事業団が主催している、

SaCLA(さくら)アーツ FRAIDAY ONECOIN CONCERTへの出演になった。

 

さいたま市文化センター大ホールと小ホールを含めて稼働率80%以上の人気の会場で

地域の文化発信の場として定着している。

 

この催事も、2ヶ月に1回というペースで開催していて僕らで20回目となった。

 

6.30-1

<さいたま市文化センター・小ホール>

 

当日券が30枚近く出て、定員340席は満席近くとなった。

お客様も盛り上げ上手だ!

 

 

6.30-2

 

6.30-3

 

だんご三兄弟も個性がバラバラだが、でもYKKはしゅ〜と団結!(何回も言ってるけどね)

 

周知を目指して、頑張っていくつもりだ。

 

やぎりんのファンの皆さん!

キヨちゃんのファンの皆さん!

金さんこと、僕もよろしくお願いします=謝々!!

 

6.30-5

<終演後のサイン会>

 

会場スタッフの皆さん!

さいたま市文化振興事業団の皆さんとボランティアの皆さん!

お世話になりました〜謝々!!

 

  キンアグン

 

<金亜軍オフィシャルサイト>

 

JUGEMテーマ:揚琴音楽

 

6月30日:トリオYKKコンサートinさいたま

  • 2017.04.12 Wednesday
  • 16:49

トリオ「YKK」!!

    やぎりん×金亜軍×清水充美

 

 コンサート「異文化管弦楽のたのしみ」

 

異文化管弦楽の三人が集まった!

わいわいお互いに呼び合っているところで気がついた。

 

アンデスケーナの「やぎりん」Y。

揚琴の「きんさん」K。

ギターの「きよちゃん」K。

 

かの有名な「YKK」と同じイニシャルになる(笑)。

覚えやすいし、なによりおもしろいが一番!トリオ「YKK」誕生です!

 

そのトリオ「YKK」が、さいたま市文化振興事業団主催の

「SaCLaアーツ フライデーワンコインコンサートVol.20」に参加決定!

 

さぁ〜〜この「YKK」がどんなサウンドになるか?

お楽しみに!!

 

6.30ちらし表

6.30チラシ裏

 

【と き】6月30日(金) *4/29(土)10時〜チケット発売

【ところ】さいたま市文化センター

     (さいたま市南区根岸1-7-1)

【入場料】500円 ※全自由席/未就学児入場不可

【問合せ】SaCLaインフォメーションセンター 048-866-4600

 

 

<金亜軍オフィシャルサイト>

 

JUGEMテーマ:音楽

JUGEMテーマ:揚琴

 

5月4日:鷲子山上神社・春のフクロウ祭り参加

  • 2017.04.12 Wednesday
  • 16:07

「栃木県」と「茨城県」の県境が大鳥居の中央、そして御本殿の中央を通るという

全国でも珍しい神社鷲子山上神社(とりのこさんしょうじんじゃ)。

 

一つの神社が栃木県・茨城県両県の文化財に指定されているのは全国でも珍しい。

 

フクロウの神社としても有名。

 

 

ゴールデンウイーク期間中、「春のフクロウ祭り」を開催。

同時開催で、御神宝展とイベントが行われます。

 

金さんは、5月4日(祝)に出演!

晴天であれば、樹齢の紅葉の葉の漏れ日の下での演奏になります。

 

フクロウチラシ

 

フクロウ

 

【と き】5月4日(祝)  ※入場無料

     1回目:11時〜12時/2回目:13時〜14時

【ところ】鷲子山上神社(とりのこさんしょうじんじゃ)

     栃木県那須郡那珂川町矢又1948
     TEL 0287-92-2571

 

 

徳川光圀公より拝受された神刀が初公開されます。

ご来場お待ちしております。

 

<金亜軍オフィシャルサイト>

 

JUGEMテーマ:揚琴

JUGEMテーマ:音楽

 

雨の住吉神社奉納演奏、、また楽し。

  • 2017.04.11 Tuesday
  • 14:25

4月9日:栃木市吹上町の住吉神社の、春の例大祭で奉納演奏をしてきた。

 

栃木の地に、この数年の間に行くことが多くなってきた。

嬉しい縁が切れることなく繋がっていっている。

 

神社総代をしている友人のカトちゃんから、声がかかって喜んで行った!

「拝殿の大修繕を終えて、最初の例大祭。神前への報告祭もするから盛り上げてよ」

よぉしゃ!

祭り事なら、お祭り男「金」の出動でしょう〜〜笑

 

生演奏では耐えられないだろうと、想像できたから簡易音響一式を持参して前日入りをした。

神社に着くと、氏子の皆さんが総出で境内の掃除や、準備に追われていた。

 

住吉4

 

境内に上がってくる参道も、綺麗に掃かれた。

翌日の天気は雨!!

ブルーシートの雨よけも、手作りで仕上げていく。

 

住吉3

 

拝殿の屋根瓦も張り替えられ、床は厚さ4センチもの杉板床になった。

新旧融合が、杉の色の違いではっきり見て分かる。

 

住吉1

 

住吉6

 

住吉7

 

鈴も外して、磨かれる。

氏子さんの一人が、銅はソースで磨くとピカピカになると教えてくれた。

まじ?ソース??

根拠はないが結果は綺麗になる。それでオッケー!

カゴメとかメーカーのこだわりはないそうだから、試してみては銅?

 

住吉5

 

力仕事も、みんなで喋りながらそして、笑顔が絶えないんだなぁ。

 

そして、

翌日は予定通りに雨になった。

 

僕だけが拝殿の中で演奏する予定を変更!皆さんも拝殿に入って聴いてもらうことにした。

 

非常に窮屈な状況でしたが、ご年配の方を前に譲れらたりするいたわりの行動。

強い雨、、困難は人と人の団結力を高める日本精神からなのか、誰一人苦を言う方もみえず。

 

超満員の境内、、、傘をさしながら聴いてくれた皆さん、謝々!!

 

ぴーんと張り詰めた瞬間。

雨音と揚琴響きがブレンドされて、境内に伝わって行く不思議な感覚を覚えた。

 

 

住吉9

<※撮影:丸山勝弘氏(丸ちゃん謝々!)>

 

住吉8

<宮司さんと僕>

 

御神楽もあり、紅白のお餅やお赤飯。

日本のお祭りっていいなぁ。

 

住吉2

 

じゃ、最後にお笑いを、、

神社総代をしていた友人のカトちゃんこと加藤博巳さんと記念撮影。

 

言っときますが、本人には写真流出オッケーをもらっていますんで(笑)。

新しいカトちゃんペ!スタイルだ!

 

総代お役目お疲れ様でした!

カトちゃん

 

遠方からも、お越しいただきました〜!謝々!!

                キンアグン

 

<金亜軍オフィシャルサイト>

 

JUGEMテーマ:音楽揚琴

 

後編:熊本で絆を!〜音魂言魂〜

  • 2017.03.23 Thursday
  • 10:49

〜後編〜

 

音魂言魂コンサートの翌日3月20日→曇り→のち雨。

早起きをして、まず熊本城へ向かった。

 

加藤清正公が築城した難攻不落の名城として知られている熊本城。

熊本市の中心に、勇壮な姿を見せている。

 

熊本地震から1年が経とうとしている熊本城の「今」。

熊本城1

 

清正公の銅像:僕との間の先には、崩れた石垣が見える。

ここだけでも大変なことになっていると感じたが、、、

実はこの先、もっと大きな被害の事実を目の当たりにすることになる。

 

工事関係者の人から「加藤神社の方へ向かって歩くといいですよ」と、

ルートを教えてもらった。そしていきなり目に入ってきたのが、

 

大きな鉄骨に支えられた、飯田丸五階櫓だ。

空洞になった石垣の下にまで架けるように鉄骨を通して、櫓(やぐら)全体を釣り上げている状態。

上から支える発想そして技術の凄さ!

 

復旧工事の熱い闘魂が伝わってきた、、。

熊本城8

 

ほとんどの石垣が崩れている。

城の入り口も封鎖されていて、通路の奥にはまだ手つかずのままなのが見えた。

 

熊本城9

 

 

熊本城5

 

向かい側には「二の丸広場」が広がる。

春のくまもとお城まつりのイベントが開催されていて、今日出演する若者達が小雨の中リハーサルをしていた。

熊本城を元気付けるパワーを、群舞と大旗を振る若者達から感じひととき心が和んだ。

 

桜でも有名な熊本城。

25日に開花予定、4月上旬が見頃になる。また観光客で賑わいを戻す季節がやってくる。

桜に勇気付けられる季節だ!待ち遠しい、、。

 

熊本城4

 

二の丸広場の隅には、撤去された崩れ石垣が並べられていた。

石の全てに番号が付けられていて、また元の場所に戻されるのを静かに待っているんだ。

 

熊本城6

 

北側の石垣はほぼ崩落。

 

2003年に再建された「戌亥(いぬい)櫓」もギリギリのバランスで維持している。

 

 

熊本城7

 

気の遠くなるような修復作業が待っている。

 

熊本市民の心のシンボルでもある熊本城の被害、、地震後どんなに気持ちが落ち込んだことだろう。

 

必ずこの時を思い出す日がくる、、「あの日、あの時があるから、今がある。」

今は、修復完成した熊本城をもう一度見ることが、生きる希望につながる。

 

 

熊本城10

 

加藤神社からみた天守閣。

5月から、天守閣も本格的な復旧工事に取り掛かることになり、足場とシートで覆われるそうだ。

傷ついた姿も、シートが外される2年後には元の勇壮な姿に戻る。

 

「がまだせ!熊本」

 

熊本城11

 

 

さぁ!次は南阿蘇の「葉祥明阿蘇高原絵本美術館」に向かう=

前日に伺うと約束をした、館長の葉山祥鼎さんに会いに行くためだ。

 

南阿蘇は阿蘇大橋の崩落や、山の斜面の土砂崩れで道が塞がれ村が孤立するという大きな被害がでた。

葉山さんの話だと、美術館の敷地も地下の断層がずれ段差ができた。

 

傷ついた風景を封印し、あえて美しい絵本のある景色だけを紹介していきたいと話す。

 

敷地は「野焼き」作業をしたばかり。

「金さん!今きたら真っ黒だよ。でも、一年に一回しか見れない景色だからそれも楽しんで。笑」

通行止の道路を迂回しながら、1時間ほど迷子タイム、、、そしてなんとか到着。

 

くるくる回ってたどり着く、、これも楽しいでしょ。

 

訪れてよかった。

葉祥明さんの絵本の世界にタイムスリップ。

2万坪に広がる丘は、野焼きされていても草原があるかのように感じる。

 

葉山さんが植えたこの木は、美術館のシンボルツリー。

絵本「キツネのフーくんと風の郵便屋さん」は、この木の隣にやってくるキツネのフーくんから

物語が生まれた。

 

葉山8

(撮影僕。実はずっ〜と向こうに有明海が見える、、だって。でもモノクロ世界もいいよ)

 

ツリーハウス。

「くまモンとブルービーのなかまたち」の絵本に出てくる場所。

童心に戻って楽しんでいる自分がいるから不思議だ。

 

葉山5

 

葉山2

 

葉山3

<葉山館長と僕>

 

この日は、天気が悪く風も強かったので傘ごと飛ばされそう〜になりながら貸切の散歩をした=

たまたま葉山さんが貸してくれた傘がカラフル〜!

遠くからでも僕の居場所がわかるのさ。

 

葉山4

 

道が分かるだろうか?

この道は、葉山館長さんが自分で作った道。手入れも自らだ。

まっすぐな道はない、、がいい。

 

五月には、縁でいっぱいの丘になり美しい丘が見頃になるそうだ。

八月〜九月中旬には、青い色のミツバチ「ブルービー」が見られる。

 

幸せを呼ぶ蜂と言われているから、また会いに来たい、、、そう思いながら、美術館を後にした。

 

葉山6

 

開通した「俵山トンネル」を通り立ち寄った道の駅に、時を止めた時計があった。

 

 

熊本時計

 

阿蘇大橋の再建も未定のまま。

病院など、生活再建に向けた支援もこれからだし、復興にも時間がかかると思った。

 

でも、僕が今回であった熊本の人たちはみんな明るく前向きで、、熊本人の気質か?

話好きで、逆に僕が楽しませてもらった。

 

「元気になっていく熊本を見守り隊」の一員になると決めた!謝々!!

                   キンアグン

 

 

<金亜軍オフィシャルサイト>

            

 

JUGEMテーマ:揚琴

JUGEMテーマ:音楽

 

前編:熊本で絆を!〜音魂言魂〜

  • 2017.03.22 Wednesday
  • 18:38

2017年3月19日:初めて上陸した!

熊本、、、元気と希望を届けたいとずっ〜と願っていた。

 

それがついに実現した!

 

熊本9

 

熊本市国際交流振興事業団の企画〜心に優しく響く朗読と音楽〜

「音魂(おとだま)言魂(ことだま)コンサート in くまもと」

 

音魂言魂のタイトルを見たら、すぐにピ〜〜〜ンと来る方も多いのでは?!

 

そ〜です。

そのメンバーです(笑)。

ことのは語りの木村悠方子さん、元NHKアナウンサー村上信夫さん、僕の三人組。

企画趣旨に合わせて、毎回プログラムも構成も変わって来る。

 

その度に、構成は自然と村上組長が担当し、木村営業部長がさっぱりきっぱりとホローをする。

僕は課長でもない、係長でもない、揚琴担当。(笑)

これがなかなかいいのだ!そ〜これでいいのだ〜〜〜マル。

 

 

熊本1

 

会場となった、国際交流会館のホール。

2016年4月16日の地震の被害でホールが使えなくなり、一週間前にやっと補強と修理が終わり、

運営始まったばかり。

これからはどんどん、たくさんのコンサートや様々な公演が開かれて行くことだろう。

 

 

当日の昼飯は、楽屋弁当じゃなくて、やっぱ〜〜熊本のラーメンっしょ😄

スタッフさんに教えてもらった、創業昭和30年の熊本ラーメン「桂花」本店さん!

豚骨ベースでもさっぱりと。麺がもちもちしていてお腹いっぱいになった。

 

熊本7

<食後の村上さんと僕。お互い少々乱れのテンション上げ上げ〜呑んでません>

 

 

今回スペシャルゲストとして、阿蘇葉祥明美術館の館長の葉山祥鼎さんが加わった。

朗読された絵本「キツネのフーくんと風の郵便屋さん」の作者でもある。

 

そして僕は翌日、絵本の舞台となった美術館を訪ねるのだが、その話は後編で、、、、、

 

 

熊本3

<朗読作品:「パチパチのほし」(文:小山薫堂、絵:大垣友紀恵)>

 

僕が作曲「あの日、あの時。」(詞:村上信夫、絵:川井信一)

ついに、ここでも村上さんを巻き込み1フレーズ歌ってしまった。

ステージが盛り上がり、揚琴ソロなどなど、、、。

 

そして「キツネのフーくんと風の郵便屋さん」(文:葉山祥鼎、絵:葉祥明)

 

熊本4

<二人の美しい日本語に、揚琴の響きを乗せる。同じフレーズは二度とない瞬間>

 

熊本5

<左:司会の風戸直子さん、葉山祥鼎さん、村上信夫さん、木村悠方子さん、僕と揚琴>

 

熊本6

<未来ある子供達に届け!僕らの想い届くといいなぁ〜〜>

 

終演後のお客様の笑顔をみて、熊本に来たことの意味を噛み締めた。

翌日、帰ってもよかったけど、一日滞在を延ばし、震災被害の大きかった阿蘇方面を回ることにした。

自分の目で見て体験することは、意味があると思っている。

 

 

ここまでを前編として、改めて後日の濃〜い後編を届けたいと思う。

スタッフの皆さん、謝々!!

 

            キンアグン

 

<金亜軍オフィシャルサイト>

 

 

JUGEMテーマ:音楽

JUGEMテーマ:揚琴

 

4月9日:住吉神社春季例大祭奉納演奏(栃木市吹上町)

  • 2017.03.17 Friday
  • 09:54

栃木市吹上町にある「住吉神社」

    金亜軍 揚琴 奉納演奏決定!

 

 

西暦806年に、住吉神社の祭神を祀るために伊吹山中腹に社殿を建てたことから始まる神社。

 

吹上町地区の氏子さん達が神社運営に携わり、保存に努めています。

 

住吉神社2

 

社殿の御屋根修繕を行い、春季例大祭に合わせて奉告祭、奉納演奏を行うことになりました。

 

 

【と き】4月9日(日)

     ・午前9時     春季例大祭式典

               修繕工事奉告祭

     ・午前11時    揚琴奉納演奏 

     ・午後12時30分 神楽奉納

 

【ところ】住吉神社(栃木市吹上町)

 

 

お近くのかたは御参拝、ご観覧にお出かけください。

 

 

<金亜軍オフィシャルサイト>

 

JUGEMテーマ:揚琴音楽

 

語り継ぐ東日本大震災に参加した!

  • 2017.03.11 Saturday
  • 23:39

3月11日:日本各地でいろんな会が開催された。

 

テレビもラジオを始めメディアも、この日は東日本大震災の話が多くなる。

見て聞いて辛くなる1日だ、、でも、避けてはいけない!と僕は思う。

 

人間は記憶を忘れることができる、、器用な生き物だけど「忘れない、忘れたくない」という

想いを持ち続ける勇気を持つことのできる生き物でもある。

 

 

柏市さわやかちば県民プラザで、

一般社団法人三月のひまわり主催、千葉県教育委員会共催で

語り継ぐ東日本大震災「いのちの絵本」朗読会が開催され、参加してきました。

 

2冊の東日本大震災での体験を基にした絵本「トミジの海」「ひまわりのおか」を朗読。

 

いつも音魂(おとだま)・言魂(ことだま)で一緒にステージを作っている3人!

村上信夫さん、木村悠方子さん、僕が集結した!

 

 

3.11.1

<左:村上信夫さん、木村悠方子さん、僕>

 

「トミジの海」は、石巻市鮎川浜でワカメ養殖の漁師をされている齋藤富嗣の3.11の日に経験した絵本。

絵を描かれた本多豊國さんの、原画展示会も合わせて柏市さわやかちば県民プラザで開催しています。

 

そして、齋藤さん本多さんのお二人が、村上さんの進行で対談が実現したことだ。

今日が2年ぶりの再会になり、目を合わせる度にその嬉しさを握手で交流していた。

 

3.11.8

<左:村上信夫さん、齋藤富嗣さん、本多豊國さん>

 

3.11.3

 

3.11.2

<大津波に向かっていくトミジさんの船。波の大きさに圧倒される絵だ>

 

 

牡鹿半島、、深い思い出がある。

石巻に住む友人の奥さんの実家が、牡鹿半島で震災前まで牡蠣養殖をしていた。立ち寄ったときに

釣りがしたい!という僕の希望を、キレイな海で「金さん!網でウニすくえ〜〜」と船まで出してくれた。

ガバガバ網ですくう僕のウニを、すぐ傍で小ぶりのウニをちゃっちゃと海に返す。

とにかく楽しかった、、、友人ともたくさん笑った。

 

だから「トミジの海」は、グッと心に入る本だ。

 

 

「ひまわりのおか」は、石巻市立大川小学校の津波の犠牲にあった児童の話し。

我が子を亡くした8人の母親たちが、避難場所として目指した丘にひまわりを植えて子供達との

思い出を語る絵本。

 

全国で読み聞かせをしている、木村悠方子さんが朗読した。

ことの葉に寄り添いながら、僕も音を紡いでいった、、。

 

 

3.11.4

 <木村悠方子さんと僕>

 

公演のラストプログラムは、柏市の児童合唱団ジュニアコーラス・シャインの歌声で元気をもらった!

未来を担う子供達の声に、希望を持った!謝々!

 

ステージ後は、ロビーで募金を呼びかけたりお礼を言った!

震災から6年!スタッフ一丸「震災を風化させない、いのちへの強い想い」素晴らしいイベントになった。

 

3.11.6

 

3.11.7

<出演者、スタッフみんなの笑顔、写真撮っている人も笑顔>

 

3.11.9

 

あの日 あの時が あるから 

あの日 あの時 いまがある

 

あの日。

 

 

謝々!!      キンアグン

 

<金亜軍オフィシャルサイト>

 

JUGEMテーマ:音楽揚琴

 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM